精神障害

あなたには退院を請求する権利がある

退院を請求する権利の保障

精神科に入院中の患者さん、そしてその家族には退院を請求する権利があるということを知っていますか?

「精神保健福祉法第38条の4」にはこのように書かれています。

精神科病院に入院中の者又はその家族等(その家族等がない場合又はその家族等の全員がその意思を表示することができない場合にあつては、その者の居住地を管轄する市町村長)は、厚生労働省令で定めるところにより、都道府県知事に対し、当該入院中の者を退院させ、又は精神科病院の管理者に対し、その者を退院させることを命じ、若しくはその者の処遇の改善のために必要な措置を採ることを命じることを求めることができる。(退院等の請求による審査)

簡単に言うと、「退院したい!」もしくは「こういうところを改善してほしい!」という要望を行政の方に訴えることができるということです。

この権利は、医療保護入院や措置入院といったいわゆる強制入院の状態にある方にも保障されていますので、入院が不当であるとか治療内容や職員の対応が不当であると感じている場合には、そのことに関する審査を請求してみましょう。

審査を請求するための手続きの方法については、こちらの記事で掲載しています。

 

 

Oisix(おいしっくす)